超美人妻の憂鬱

浮気コラム:超美人妻の憂鬱

夫は不細工中年女性と朝帰り!?目も眩む超美人妻の憂鬱……

夫の浮気を疑って探偵に調査を依頼する女性は、意外にも美人が多い。
たいていは夫に裏切られた妻のほうがいい女なのである。
しかし、世間では、夫の浮気相手のほうが美女と思われている。
不細工な妻に飽き飽きしてきたので、若くて綺麗な女と不倫するといった“誤解”が蔓延しているのだ。
何事も蓋を開けてみるまではわからない。
とくに不倫の調査は・・・

夫の浮気調査を依頼する妻は、連日夜遊びする社長の奥さんなどと相場が決まっていたが、いまでは様々な主婦から依頼を受けるようになった。

以前、手がけた調査も、当初は依頼者の単なる思い込みと信じて疑わなかった。
依頼者は、モデルあがりの27歳で、目の眩むような美女だった。
単に身長が高くて痩せているだけでなく、お世辞でなくともスタイルは女性が羨むほどであった。
これで一児の母親とはとても思えなかった。
「私の主人は、子供が産まれてから家に帰らなくなったんです。とくに毎週火曜日と木曜日は、決まって朝6時に帰ってきます。どんな方とお付き合いしているのか調べてほしいんです。」
と彼女は眼に涙をためながら訴えた。

「それは心配ですね。」
私たちは、彼女の話を聞くうちに気の毒になってきた。
夫は、元ダンサーであったが、彼女との結婚を契機にコピー機のセールスマンに転職した。
売れないダンサーでは妻子を養っていけないと考えたのだ。
しかし、慣れない仕事に就いたばかりなので、まだ歩合手当てが低く、いい給料をもらっているとは言えない。
「経済的には、浮気をするだけの余裕はないんですけど、以前、年上のスナックのママと付き合っていましたから、また年増の方に誘われたんじゃないかと思って、心配なんです。」
彼女の夫は、マザコンなのかもしれない、美人妻に飽きて、心が安らぐ中年女性に甘えたくなったのだろう。

私たちは、依頼者の経済的負担を考えて、朝帰りをする2日間に絞って尾行することにした。
本来なら1週間は時間がほしかったが、浮気調査のためにモデル時代の貯金を切り崩していることを考えると、なるべく経費がかからない手法を採りたかったのだ。

浮気相手が現れた?

翌週の月曜日、彼女の夫が会社から出てくるところを張り込むことにした。
退社時間は5時半だったが、ターゲットが通用口に現れたのは夜8時を過ぎていた。
どうやら残業で忙しかったようだ。
顔に疲労の色がにじんでいた。
待ち合わせの時間を気にしているのか、腕時計を見ると一目散に駅の方へ走り出した。

定期券を自動改札口に入れると、自宅方面へ向かう電車に乗り込んだ。
そして最寄り駅のひとつ手前で下車した。
その駅は、何の変哲もない住宅街のなかにある。
駅前にスナックが2、3軒あるほか、ホテルなど見当たらない。

しかし、ターゲットが駅から降りて商店街を歩いていると、彼の後ろから自転車に乗った小太りの50がらみの女が近づいてきた。
「今日も残業?大変ね。お弁当をつくってきたから、あとで食べようね。」
2人は並んで歩きながら、親しそうに話しはじめたが、どう見ても親子にしか見えない。
眼を凝らすと、彼らはコンビニ裏の路地に消えていった。

意外な“いい話”が待っていた

私たちは、急いで2人の後を追い、彼らが消えた路地裏で張り込むことにした。
路地のどこかに浮気相手の自宅があるにちがいない。
浮気相手の夫は、週に2日だけ夜勤で家を留守にしているのかもしれない。
その隙を見計らって、若い男を呼び寄せて、愛欲に浸っているのだろうと思った。

私たちは、朝まで張り込むことにした。
2人が路地裏に姿を現したのは、5時半を回っていた。
私は、すぐに彼らが出てきた扉の位置を確かめてみた。
それはコンビニに通じる出口だったのだ。
2人はコンビニの中で逢瀬を重ねていたのだろうか。

2日後の夜、ターゲットがまたもやコンビニの裏口に入っていったので、しばらくしてから私はコンビニの店内を覗いてみることにした。
すると、彼はあの中年女とレジの前に並んで立っていたのだ。
私は、思い切って彼に声をかけてみることにした。

「たしか以前、コピー機の商談でお話ししたことがあると思うんですが、転職でもされたんですか?」
彼は一瞬、驚いたような顔をしたが、私を顧客のひとりと勘違いしてくれたようだ。

「お恥ずかしい話ですが、妻に子供が産まれたので、こうやってミルク代を稼ぐためにアルバイトをやっているんです。」

私が唖然としていると、例の中年女性が笑顔で頷いた。
「いまどき感心なご主人でしょ。」

私はその夜、依頼者に報告した。
彼女は涙ぐんでいた。