|  |  |  |  |  |  |  |   |  | わ |

不貞の抗弁(ふていのこうべん)

認知の訴訟において、被告以外の男性とも性交渉があったとする抗弁のこと。多数関係者の抗弁ともいう。この抗弁が提出されると原告が否定を証明できなければ敗訴する。