|  |  |  |  |  |  |  |   |  | わ |

結婚差別(けっこんさべつ)

昔は、部落出身者と結婚すると血縁関係が生じるため、反対する家族が多く、内密に身元調査や聞き合わせを行い、判明すると結婚を許さない例や好きな相手と一緒になることに大きな妨げがあった。
結婚差別調査は受けてはいけません。また、調査中に差別に繋がる、もしくは利用される恐れが判明した場合は調査を中止しなければならない。