探偵による浮気調査は業界NO.1の総合探偵社ガルエージェンシーへ★浮気調査・離婚問題・行方調査・盗聴発見など全国の調査が可能です!<24時間相談無料>

[公式]探偵による浮気調査は総合探偵社ガルエージェンシー|東京・大阪の探偵・興信所

盗聴・盗撮器の発見

身近に迫るプライバシーの侵害からガルエージェンシーがお守りします

盗聴器・盗撮器の半数は一般家庭に

盗聴・盗撮なんて自分たちには関係ないと思われている方が、大勢いらっしゃると思いますが、それは大きな間違いです。盗聴器・盗撮器の販売個数は、年間20万個以上と言われています。それに伴い盗聴・盗撮犯罪は年々増加の一途を辿っています。

盗聴は、産業スパイや映画・小説だけの話だと考えがちですが、実際には盗聴器・盗撮器ともに、一般のご家庭に取り付けられているのが半数を占めています。

アパート・マンションに一人で住んでいる女性に対し、彼氏や元彼さらにはストーカーなどが勝手に取り付けていくという事例も大変多くなっていますし、ホテル、職場、公衆トイレ、階段下等々で盗聴・盗撮は行われています。しかし、盗聴・盗撮を取り締まる法律は、未だに制定されてはいません。

盗聴・盗撮という行為自体は、「盗聴罪」「盗撮罪」が無い事もあり、現状では、現行法の電波法、電気通信事業法、有線電気通信法又は知りえた情報で特定の法人・個人に損害を与えた場合の民事上の法律で対処することになります。
しかし、個人のプライバシーを侵害している為、盗聴・盗撮行為は悪質な犯罪です。
簡単に機械を手に入れることが可能になった今、私たちの周りは常にそういった危険にさらされています。

あなたのプライバシーを守る為にも、盗聴器・盗撮器併せてご相談、ご確認されることをお勧め致します。

盗聴・盗撮かな?

基本的に「盗聴器」「盗撮器」という機器は存在しません。録音機材やワイヤレスのマイク・カメラなどの情報収集機器が盗聴・盗撮行為によって「盗聴器」「盗撮器」と呼ばれているのです。盗聴・盗撮の可能性 思い当たる事はありませんか?

・誰かに見られているような気がする。
・自分しか知りえない事を、第三者が知っている。
・家(部屋)の近くに不審な人や車を見かける様になった。
・金銭や人間関係でトラブルを抱えている。
・最近いたずら電話が頻繁にかかってくる様になった。
・電話中やテレビを見ている時に、雑音やノイズが入る。
・最近引越しをしてきた。
・照明器具は前から取り付けられていたものである。
・鍵を引越ししてきた時のまま使用している。
・泥棒に入られたことがある。

複数、思い当たる方は盗聴・盗撮されている可能性があります。
このような事からストーカーや他の犯罪に発展する場合もありますので、少しでもおかしいと感じたら、早急にお近くのガルエージェンシーまでご相談ください。

盗聴器・盗撮器とは

テープレコーダー、デジタル録音機、ビデオカメラなど、いわゆる録音機と言われる物を、タイマー、音声、センサーなどで自動録音にして、話された内容などを後で盗み聞きすることが出来る物です。携帯電話を自動応答にし、着信音を消し、その他の設定をすることで、他の場所から様子を聞くこともできます。その他コンクリートマイクや望遠集音マイクなどを使用する場合もあります。

一般の方々は、盗聴器というと小さいマッチ箱のような物を、想像するかもしれませんが、盗聴器と思われない物も盗聴器として使用されます。

コンセント型

壁のコンセント・三角タップ型。
電源が絶えず供給されますので半永久的に送信されます。

電卓・リモコン・ボールペン型

計算機やテレビのリモコンなど。
電池から電源が供給されます。

家電内蔵型

贈り物などの電気製品に仕込みます。
コンセントを差し込んだ途端に電源が供給されます

飾り内蔵型

置物や飾り物。
容量が大きい電池が入れられます。

特殊

天井裏の電話線や外部の電話ローゼット。
電源がありますので半永久的に送信します。

コンクリートマイク

数十センチのコンクリート壁を通して音を拾える代物で、本来の使用目的は水道管や壁に埋設されている配管の点検に使います。

コードレス電話

これ自体は盗聴器ではありませんが、子機と親機を繋いでいるのは電波である為、広帯域受信機で聞くことができてしまいます。メーカーは対策として秘話装置付きとして出荷していますが、受信機側も対策されています。

発光ダイオード

電気製品のパイロットランプや懐中電灯の豆電球の代わりに使われている物です。1秒間に数千回の点滅を繰り返している物で、情報伝達で身近なのはテレビのリモコンです。通信距離については障害物があれば役に立ちませんが、発光ダイオードが発する光は赤外線ですから目では見えませんし、電波を発しませんから発見器も反応しません。目に見える向いのマンションなどでは危険な盗聴器です。但し、現在は実用化されてはいませんが研究はされていると聞いています。

無線LAN

これもコードレス電話と同じで盗聴器ではありませんが、無線には変わりなく、障害物を通り抜け数十メートルも飛んでいます。電波ですのでアンテナを用意すれ ば受信できます。セキュリティ対策の設定をしていなければ、「私のパソコンの中をどうぞ見て下さい」言っているようなものです。

ベビーモニター

お母さんが別室にいる赤ちゃんの様子を聞く物です。受信機を持って家の近くまで行けば家族の会話は筒抜けです。内容によっては恐喝のネタや空き巣のきっかけになりかねません、障害物がないところならば、100メートルも電波は飛んでいます。

リサイクル品

リサイクル店が増えています、安くて良い物も一杯有ります。ですが、電源を必要な物は注意が必要です。電化製品は全て盗聴器・盗撮器を仕掛けられます。元々 の持ち主は盗聴器が仕掛けられているとは知らず、店もそんなことは知らず(修理が必要であれば分解しますので気が付くかもしれませんが)販売し、あなたの 元に渡るのです。機械を仕掛けた人間は、あなたの元に行ったりはしませんから良いのですが、問題は盗聴マニアと言われる人達です。彼らは絶えず電波を追い 求めて受信機を作動させ、電波が引っかかるのを待ち、一度引っかかれば発信源をじっくりと探すのです。

携帯電話(デジタル盗聴器)

電波発信式盗聴器の欠点は100メートル内外まで接近しなければ聞けないという事です。それを解決したのが(しなくても良かったのですが)、携帯電話なのです。盗聴したい先に設定をした携帯電話を隠して置き、後は聞きたい時に電話をするだけです。音も光も発せずに目を覚ました携帯電話は盗聴を開始、部屋の物音会話は筒抜けになるのです。しかも、携帯電話が使えるところならどんなに離れていても聞けるのです。

このように盗聴と一口に言っても多種多様な方法があり、恐ろしいことにそれは日々進化して、私たちのプライバシーを虎視眈々と狙っているのです。

 

発見業者を選ぶ

「もしかしたら誰かに盗聴(盗撮)されているかも」と思った時、お願いする業者がきちんと仕事をしてくれる(できる)所なのか判断するポイントを挙げました。発見業者選びの参考になればと思います。

正式に依頼する前に確認するポイント

Point1 住所や連絡先

・所在地や責任者の氏名がはっきりしている
・電話やメールなど、複数の連絡方法がある
・営業時間内であれば、きちんと電話に出る
・非通知(184)であっても電話に出てくれる

上記のことは当り前と思われるでしょうが、責任の所在を明確にしていない業者がそれだけ多いということです。もちろんメールアドレスだけで営業している中にも、優良な業者さんはいます。
しかし、プライバシーに関わる仕事だけに責任の所在は明らかでなければなりません。こういった条件を満たす業者であれば、少なくとも契約時のトラブルは低いでしょう。また、少々お金はかかりますが、大手信用調査会社の有料データベースで業者の信用情報を所得する方法も一つの判断材料になります。

Point2 料金体系

・料金体系が明らかになっている
・最終的な支払い総額を見積りしてくれる

但し、業者によって、料金体系や課金基準が違いますので契約時に確認しておいた方が良い内容をお知らせします。

・面積や間取りに合わせて料金が決まっている
・戸建、マンション、法人などで料金が決まっている
・盗聴器(盗撮器)を撤去すると追加費用がかかる
・盗撮器の発見調査は別途料金になっている
・営業時間外、深夜などに応じて追加料金がかかる

各社方針の違いもあり、どの体系が良いか悪いかの区別はありませんが、優良な業者の判断ポイントは、見せかけだけの「盗聴器発見調査10,000円」と言うような文句に惑わされず、あくまで見積りで出された金額は総支払額なのか、追加費用がかかる場合はどういう時なのかを、契約時にはっきりさせてくれるかどうかで判断すべきでしょう。

注意が必要な業者とは

Point1 不安心理を利用する

「あなたのプライバシーは筒抜けですよ」
「お金を惜しんで、人生を狂わせるのですか」
「すぐに調査しないと手遅れになりますよ」
など脅迫的な言動で契約を急がせようとするのです。きちんとした業者ならば、お客様の話を聞かないうちにから不安を煽るような言動はしません。じっくり相談に乗り、盗聴の知識が不足であったり、間違いがあれば、説明をし、それでも不安が解消されなければ調査するというのが、普通の姿勢です。契約を急がせるような態度には、一度相談を打ち切って冷静に考えてみた方が良いかもしれません。

Point2 その他に注意すること

・いきなり訪問してくる盗聴発見業者
・現場に第三者を立ち合わせない業者
・近いからというだけで業者を決めない
・絶対に盗聴器がある、盗聴されていると断言する業者
・ハンディ受信機しか持っていない業者

Point3 悪質な業者

この手口は悪質というより詐欺と言えます。
存在していない盗聴器を、その業者が持ち込み、そして「発見しました」と依頼者に盗聴器を見せて、発見報酬を請求するのです。こんな手口を使う業者ですから、当然、法外な請求をしてきます。きちんとした業者は発見した盗聴器を依頼者の許可なく勝手に取り外すようなことはしません。このような被害に遭わない為にも、調査現場に立ち会うことをお勧め致します。

いろいろと述べてきましたが、実際に依頼する時は料金の安さだけでなく、調査能力やご依頼者様への対応などから総合的に判断してください。

Copyright© [公式]探偵による浮気調査は総合探偵社ガルエージェンシー|東京・大阪の探偵・興信所 , 2021 All Rights Reserved.