探偵による浮気調査は業界NO.1の総合探偵社ガルエージェンシーへ★浮気調査・離婚問題・行方調査・盗聴発見など全国の調査が可能です!<24時間相談無料>

[公式]探偵による浮気調査は総合探偵社ガルエージェンシー|東京・大阪の探偵・興信所

法人企業向け探偵調査サービス

法人企業向け調査といえば、ガルエージェンシーにお任せください

企業・個人の行動調査や雇用調査、社内における不正な証拠収集など、様々なお悩みにあわせて最適な調査をご提案させていただきます。

会社内部のトラブルはもちろん、競合他社の調査や市場動向は探偵の調査で解決できます。

社員の行動を確認しませんか?

社員が営業で外出しているにも関わらず、成績が上がらないということはありませんか?
口頭や日報で営業活動の報告を受けても、それが本当かどうかはわかりません。
そんなときは、社員の行動調査をご検討ください。

社員が外出時に何をしているのか、どこに立ち寄っているのかを探偵が尾行して映像に残します。過去にも企業オーナー様から調査を受けましたが、朝からパチンコをしている社員やゴルフの練習場に行く社員、自宅に帰っている社員が実際にいました。

大事な会社を守るためにも、探偵を使って社員に不正が無いか調査をお勧めいたします。

また、仕事中の行動調査はもちろんのこと、よくあるケースが交通費の不正受給です。
社員に支払う交通費も金額が積もり積もって大きくなります。

通勤時にバスを利用するという申告を受けてバス代を支給していたものの、実際は自転車で通っていた例もありました。地図を見ると徒歩で移動できる範囲なのに電車で通っていると言う社員。本当に信じて良いのでしょうか。

不審感を募らせているだけでは解決しません。
モヤモヤする気持ちをクリアにするため、社員の通勤状態に虚偽がないか調査をしてみませんか。

<事例1>
企業PRを任せている広報社員。毎日営業で外に出るのに仕事を取ってこない。不審に思った企業オーナー様から調査を受けて探偵が行動調査をしてみると、パチンコ店へ直行。

数時間後、子供とランチをしてショッピングセンターへ。
時折、電話を片手に手帳にメモをする姿が確認できた。
夕方会社に戻り、上司には取引先数軒で営業をしたと報告をしていた。

<事例2>
中途採用で入社した社員に会社までの交通手段を確認したところ、自宅から最寄り駅Aまでバスを利用し、そこから会社まで電車で通うというのでその経路の定期券代を支給。

しかし、グーグルマップで住所を確認すると、利用すると申告のあったA駅とは別の地下鉄B駅が自宅からも会社にも近かった。通勤経路に不正が無いか探偵が尾行したところ、自転車で地下鉄B駅に向かいそこから会社に出勤をしていたことが判明。

<事例3>
コロナ禍の為、リモートワークを導入したが、社員は真面目に働いているのか探偵に社員調査を依頼。

数日調査をした結果、その社員は車で地方へ向かいキャンプを楽しんでいた。時折、持参したノートパソコンでタイピングをしており、時間を照合したところ上司に仕事をしているかのようなメールを送っていたことが判明。

リモートワークはパソコンさえあればどこで何をしていてもわからないので、もっと早く調査をすれば良かったと依頼者は話していた。

その履歴書、本当に正しいか確認しませんか?

求人を出して応募者から届く「履歴書」や「職務経歴書」。
そこに書かれている情報は本当に正しいのか、きちんと確認していますか?

中途採用でも履歴書に書いていることはいちいち確認されない、と思っている人がほとんどです。そして雇用する企業側も確認しないで雇用し、後からトラブルになるケースが増加しています。

採用調査、職歴調査、雇用調査が本人にバレたらどう思われるか……と、お悩みの経営者様。
こういった調査は、欧米では当たり前のように行われています。
これから仕事を任せていく人材ですから、経歴詐称や過去に問題がないか確認することは当然のことです。調査をすることで、トラブルを未然に防ぐことができるからです。決して後ろめたいことではありません。

暴力団・反社会勢力の関係者や、競合他社のスパイを雇用してしまった場合、企業にとっては大問題です。結婚は簡単だけど離婚するのは難しい、とよく言いますが、雇用に関しても同じです。採用するのは簡単ですが、退職させるのはとても難しいのです。

総合探偵社ガルエージェンシーは経験豊富な調査員が学歴や職歴、退職理由など情報や噂を聞き込み調査いたします。自分の会社を守れるのは自分自身です。採用に少しでも不安を感じたら、ガルエージェンシーにご相談ください。

<事例1>
中途採用で数名から応募があった。
直近で仕事を転々としていることが気になったものの、履歴書と職務経歴書を見るかぎり、即戦力になる人物だったので面接をしてAを採用。数カ月後に他の社員から仕事を辞めたいと退職願を出されてしまった。何があったか話を聞いてみると、中途採用したAが社内でチームリーダーのB子と不倫関係になっているという。ある日、忘れ物を取りに会社に戻ったとき、会議室でAとB子の性行為を見てしまい、こんな気持ち悪い会社にいたくないということであった。AはB子だけでなく、他の女性社員とも関係を持っている様子だったので、企業オーナーは探偵にAの職歴調査を依頼した。

探偵が調査をすると、履歴書に書かれている会社を自己都合の退職ではなく、懲戒解雇に近い形でのクビで退職していたことがわかった。理由は女性社員と毎日のように社内で性行為をしていたことが発覚したから。企業オーナーは様は採用する前にきちんとAを調べておけばよかったと後悔したのであった。

<事例2>
求人応募者の中に採用するか検討している男性がいる、という企業オーナー様。
前職が大企業の営業マンだったのになぜ自分の会社に?と疑問を持っていた。何か裏があるかもしれないと思い、探偵に雇用調査を依頼。

そして判明したのは、男性が前の会社で不正な取引をしていたことであった。表には出ていないが、その会社は多額の負債を抱え男性に訴訟を起こしていた。履歴書と職務経歴書だけではわからなかった事実が出てきたことに企業オーナー様は驚いていた。

Copyright© [公式]探偵による浮気調査は総合探偵社ガルエージェンシー|東京・大阪の探偵・興信所 , 2022 All Rights Reserved.